そばの生地を棒で延ばす作業を行う上郷小児童

 青森県田子町の上郷小学校(小笠原洋二校長)が15日、ソバの生産で有名な同町新田地区の活性化センターでそば打ちに挑戦した。子どもたちは苦労して打ったそばを味わい、地域に伝わる食文化の一端に触れた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。