米軍三沢基地所属のF16戦闘機による模擬弾落下事故で、回収作業を行う米軍が、模擬弾の落下場所とみられていた青森県六ケ所村内の牧草地だけでなく、隣接する「内沼」の水中捜索も検討していることが14日、東北防衛局や六ケ所村への取材で分かった。米軍は、作業の開始日時については未定としているという。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)