小雨交じりの曇天の下、防雪柵の設置を手際よく進める作業員=14日午前11時15分ごろ、青森市宮田

 気象庁は14日、寒冷前線の通過や真冬並みの強い寒気が入るため、北海道や東北、北陸では暴風や大雪、高波の恐れがあるとして、警戒を呼び掛けた。荒天は16日ごろにかけて続くとみられる。雪による道路や交通機関への影響に注意が必要だ。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)