台湾で行う試食会の準備をする生徒たち=12日、青森市の青森商業高
試作品のソースを使ったパスタ。手前がオイル系、奥がクリーム系=青森市の「畑のキッチン」

 青森商業高校の生徒たちが、県産ホタテのパスタソースを台湾に輸出する計画を進めている。本年度から青森市の飲食店、台湾の高校生と開発中で、16日に現地で生徒自ら試食会を行って反応を探り、来年度からの販売を目指す。授業で商品開発や輸出の流れを学んだ生徒たちは、県産品の価値や強みを再認識し、青森県の魅力をアピールしようと意気込んでいる。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。