米軍三沢基地所属のF16戦闘機が訓練場外の六ケ所村倉内の民有地に模擬弾を落とした事故で、米軍は13日正午前、4日ぶりに再開した模擬弾の捜索作業を再び中断した。同日夕時点で作業は再開しておらず、模擬弾は依然として見つかっていないとみられる。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から