低レベル放射性廃棄物の検査装置不具合問題について説明する電力4社と日本原燃の担当者ら=31日、県庁

 中国電力など4社の原発で低レベル放射性廃棄物の放射能検査装置に不具合があった問題で、電力4社と受け入れ先の日本原燃が31日、青森県庁で会見し、廃棄物294本(200リットルドラム缶換算)で検査データが欠落した可能性があると発表した。いずれも原燃の埋設基準値を下回っているという。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)