地震体験装置の机にしがみつき、揺れに耐える園児ら

 青森市新城の県消防学校内にある県防災教育センターの地震体験装置が更新され、31日、市内の園児らを対象にした内覧会が開かれた。東日本大震災や熊本地震などで観測された最大震度7の揺れや、将来発生が指摘される「東海地震」や「南海トラフ地震」の想定地震の揺れも体験できる。1日から一般公開する。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)