青森財務事務所は31日、2017年10月〜18年1月下旬の県内経済情勢を発表した。景況の総括判断は「緩やかに持ち直している」として、2期連続で判断を据え置いた。個人消費や設備投資、生産活動などの項目は前回判断から横ばいとなった。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)