生きたシラウオを観察する児童

 青森県東北町の上北小学校(長尾誠治校長)は30日、同校多目的ルームで、シラウオの学習会を開き、3年生71人が全国一の水揚げを誇る小川原湖の特産品の生態などを学んだ。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)