【アイスホッケー成年準々決勝・青森−長野】青森県は第3ピリオド6分53秒、津久家(左奥)のアシストを受けた松本(13)がゴールを決め、2−1と逆転=コーセー新横浜スケートセンター

 第73回国民体育大会冬季大会のスケート・アイスホッケー競技会は第4日の30日、山梨、神奈川両県で3競技を行った。県勢はスピード少年男子1万メートルで根城知哉(八戸西)が6位入賞、村崎翔太(八学光星)が10位となった。同500メートルの赤坂仁(八戸西)は7位に入った。このほか同1000メートルの清川一樹(同)、少年女子3000メートルの上野恵理子(八学光星)、成年女子3000メートルの澤尻磨里英(八戸学院大)、成年男子1500メートルの山本大史(八戸西出、明大)が決勝に駒を進めた。アイスホッケーは少年が2回戦(準々決勝)で福岡に16−0と快勝。成年も準々決勝で長野を3−1で破った。第5日の31日、県勢はスピード9種目のほか、ショートトラック成年女子1000メートルに西山夢乃(八戸西出、神奈川大)が出場。アイスホッケーは準決勝で少年が栃木と、成年が埼玉と戦う。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)