ラグビーW杯の岩手・釜石開催をPRするキャラバン隊=30日、青森市の東奥日報社

 2019年9月に日本で開幕するラグビーワールドカップ(W杯)で、2試合の実施が決まった岩手県釜石市での開催をPRするキャラバン隊が30日、青森市の東奥日報社を訪れた。岩手県庁の畠山英司・大会運営担当課長は「震災からの復興の姿を全世界に発信する機会にしたい」と話し、青森県民へ試合観戦を呼び掛けた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)