ひつぎに入って亡くなった人の気持ちを味わう参加者

 医療福祉関係者や一般市民がひつぎに入って、生と死について考える入棺体験会がこのほど、青森市のリンクステーション青森で開かれた。参加者はひつぎの中で瞑想(めいそう)にふけり、人生を振り返りながら、生きる喜びを改めて感じていた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)