青森県弘前市出身の将棋棋士・行方(なめかた)尚史(ひさし)八段(44)が29日、東京・将棋会館で指された第89期棋聖戦2次予選で村山慈明(やすあき)七段(33)に勝ち、デビュー24年余りで公式戦通算600勝を達成、歴代52人目の将棋栄誉賞受賞を決めた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)