青森県は2月17日、青森県産の食材を使った料理を提供している仙台市の居酒屋で、青森県への移住を希望する人たちの交流会を開く。移住希望者の交流会は、首都圏からの移住をターゲットに、2015年度から東京都で開いているが、仙台市での開催は初めて。宮城県は東京都に次ぐ青森県からの人口流出先となっており、県は今回の交流会を契機とした宮城県からの移住促進に期待している。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)