青森県弘前市や大鰐町、弘南鉄道などでつくる「弘南鉄道大鰐線存続戦略協議会」(会長・大橋忠宏弘前大人文社会科学部教授)は29日、利用者増加などに即効性のある具体的な取り組みとして、新規の利用者限定で、長期定期券の料金を2割引きにするなどの支援策を承認した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)