11日午前10時5分ごろ、青森県鯵ケ沢町一ツ森町で、赤石川に架かる「大然(おおじかり)橋」の解体作業をしていた作業員から「橋ごと落ちた」と119番通報があった。鯵ケ沢署や県によると、作業員7人が橋桁ごと約4メートル下の川に落下。50~70代の男性作業員4人が打撲傷を負い、同町と弘前市の病院に搬送された。いずれも命に別条はない。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。