津軽ダムの周辺環境を分析する委員

 青森県西目屋村の津軽ダムの周辺環境を調査・分析する「津軽ダムモニタリング委員会」(委員長・原田幸雄弘前大学名誉教授)が26日、弘前市の弘前文化センターで開かれた。周辺環境はおおむね良好で、下流河川の水質も改善傾向である−とする2017年度の調査結果を報告した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)