空自三沢基地に降り立ったF35戦闘機を前に、鮫島司令(左)へ空輸完了を報告する中野2等空佐=26日午前11時22分

 航空自衛隊三沢基地は26日、最新鋭ステルス戦闘機F35の出迎え行事を同基地駐機場で行った。同基地の鮫島建一司令は報道陣に「F35は航空防衛力に変革をもたらし、国民の平和と安全の確保に大きく貢献する。隊員の総力を挙げ飛行安全を確保しつつ、速やかに着実に、運用体制確立に取り組む」と抱負を語った。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)