力を込めて自作の「ずぐり」を回す児童たち

 青森県弘前市鬼沢の自得小学校(小田桐有為子校長)で26日、同校伝統の「自作ずぐり大会」が開かれた。児童85人が力を込めて、津軽地方に伝わるコマ「ずぐり」を回し、その時間を競い合った。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)