三村知事(左)に春のプログラムチャーターについて報告する李協理

 台湾のエバー航空と同国の旅行会社、テレビ局の担当者約20人が25日、県庁に三村申吾知事を訪ねた。同航空の李佳芳協理(専務に相当)は、現在青森−台北間に運航している定期チャーター便終了後の4月、4往復のプログラムチャーターの運航を予定していることを報告した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)