矢印と矢印を結ぶ線上に、斜めに2個見えるのが二重露出で撮影された小惑星「Maeharatorakichi(前原寅吉)」(渡辺和郎さん提供)
すっきりとした飲み口が特長の八戸ワイン

 青森県八戸市のアマチュア天文家・前原寅吉(まえはらとらきち)(1872〜1950年)をたたえ、1994年に見つかった小惑星に「(20080)Maeharatorakichi(マエハラトラキチ)」の名前が付いた。国際天文学連合(IAU)が認定した。25日、寅吉の孫・義一(ぎいち)さん(87)と、ひ孫の俊彦さん(59)=ともに八戸市=が市庁を訪れ、小林眞市長に報告した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)