県内36チームがキャッチボールの正確さと速さを競ったキャッチボールクラシック

 チーム同士がキャッチボールの正確さと速さを競う「キャッチボールクラシック」(県軟式野球連盟主催、日本プロ野球選手会協力)の県大会が10日、青森市のサンドームで開かれた。県内の小、中学校からそれぞれ18チームが参加し、小学生の部は大間ドルフィンズが初優勝、中学生の部は浪岡中が2年連続で頂点に立った。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)