【男子1500メートル】1分54秒96のタイムで4位入賞した毛利(八戸西)=山梨県富士吉田市の富士急ハイランドセイコオーバル

 第67回全国スケート・アイスホッケー競技選手権は第4日の25日、北海道と山梨県で各競技を行った。青森県勢のスピードは、男子1500メートルで毛利信太郎(八戸西)が4位入賞。同1万メートルは根城知哉(同)の17位、女子1500メートルは根本明日香(八学光星)の36位が最高だった。アイスホッケーは準々決勝と準決勝を行い、八戸商は準々決勝で白樺学園(北海道)に1−12で敗れ、県勢は姿を消した。フィギュアは男子決勝フリースケーティング(FS)の小形冴々也(三沢商)が予選から順位を一つ上げ22位。女子は同日で全ての予選ショートプログラムを終え、廣谷帆香(八工大一)が7位に入り予選上位24人による決勝に進んだ。最終日の26日は、県勢はスピードの男子2000メートルリレーと団体追い抜き、フィギュアは女子決勝FSに廣谷が出場する。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)