中核病院構想を巡り意見を交わした市民ミーティング

 市民団体「なくそう原発・核燃、あおもりネットワーク」は24日、青森県内40市町村を対象にした原子力防災アンケート調査の結果を発表した。六ケ所村の日本原燃施設で貯蔵している高レベル放射性廃棄物について、最初に受け入れた廃棄物が貯蔵期限である2045年までに県外搬出されるかという設問では「国との約束なので守られる」と回答したのが3割の13市町村にとどまり、前回の14年調査より減少した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)