規格外ゴボウの泥を洗う金渕代表。商品の製造から販売まで一人でこなす
規格外ゴボウを使った土産品の「三沢おつまみごぼう」(手前)。奥は昨年販売を開始した「Goboco」

 形やサイズが出荷基準に満たない規格外ゴボウを使った土産品「三沢おつまみごぼう」を製造・販売している青森県三沢市の「空飛ぶごぼうPROJECT」。金渕良子代表(48)は「規格外品を生まれ変わらせて世に出したい」との思いから商品を生み出した。独特の食感と商品が持つストーリーが県内外から注目を集めている。

▼一度は商品化見送り

▼県外、そして海外へ

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。