24組のクラフト作家が作品を持ち寄ったクラフトBAR。隣のスペースでは多くの来場者がカクテルを楽しんだ

 青森県板柳町の町多目的ホールあぷるで9日、手作りの品々とカクテルの魅力に触れる「クラフトBAR」が始まった。多くの来場者が訪れ、作家のブースを回って商品を手に取ったり、カクテル作り体験をしたりと、思い思いにイベントを満喫した。10日まで。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。