秋晴れの下、収穫の最盛期を迎えた妙丹柿=9日午前、南部町鳥舌内

 果樹の里として知られる青森県南部町で「妙丹(みょうたん)柿」の収穫が最盛期を迎えている。農家たちは9日、秋の深まりを感じさせるだいだい色の実を忙しくもぎ取った。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。