弘前観桜会100周年記念事業について話し合った実行委会合

 青森県弘前市や弘前商工会議所など28団体でつくる弘前観桜会100周年事業実行委員会(会長・清藤哲夫同商議所会頭)は24日、同商議所会館で会合を開き、今年の弘前さくらまつりで実施する記念事業を決めた。現在、石垣修復のため水が抜かれている下乗橋付近の内堀に花筏(はないかだ)の映像を投影する「デジタル花筏」や、弘前城ミス桜のコスチュームデザイン新調、坂本冬美コンサートなど多彩な事業が展開される。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)