フォークリフトでコンテナに積み込まれる県産リンゴ

 八戸港から台湾への青森県産リンゴ直接輸出体制を確立し、同港の利用促進につなげようと、県や八戸市などでつくる「八戸港国際物流拠点化推進協議会」(会長・小林眞八戸市長)は24日、コンテナで台湾に輸送したリンゴの品質保持状況や輸送時間、コストを検証する調査を開始した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)