【アイスホッケー1回戦・龍谷富山−八戸商】第2ピリオド、得点を祝福し合う八戸商の選手たち=帯広の森第二アイスアリーナ

 第67回全国スケート・アイスホッケー競技選手権は第2日の23日、北海道と山梨県で各競技を行った。青森県勢のスピードは、男子500メートルで清川一樹(八戸西)の19位、同5000メートルで毛利信太郎(同)の21位、女子500メートルで尾崎里以真(同)の35位が最高だった。アイスホッケーは1回戦12試合を行い、八戸商は龍谷富山を9−1で下し2回戦に駒を進めた。八学光星は水戸啓明(茨城)に1−7、八戸は早稲田実(東京)に3−13で敗れた。フィギュアは女子予選Aショートプログラムに出場した廣谷帆香(八工大一)が3位、大澤陽(三沢)が9位につけた。残るB、C組の結果で上位24人の決勝進出者が決まる。第3日の24日は、スピードの男女1000メートルと女子3000メートル、フィギュアは男子と女子予選Bのショートプログラムを行う。アイスホッケーは2回戦8試合を行い、八工大一が清水(北海道)と、八戸商が早稲田実と対戦する。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)