白を基調とし、窓が多くスタイリッシュな新本庁舎
ガラス張りで開放的なロビー。市民の憩いの場として活用する
県産杉を使い、リンゴの木箱を模して作った展示ウォール
光が差し込む1階西側の通路
各執務室周辺の通路を歩く市民たち

 真っ白な床に大きな窓から降り注ぐ光-。4日、完成したばかりの青森市役所新本庁舎(同市中央)の見学会に2千人を超える市民らが訪れ、普段入る機会がない市長室などを興味津々で見て回った。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)