青森県は11日と13日、東北電力東通原発(東通村)で重大事故が発生したとの想定で、下北地域を中心に県原子力防災訓練を行う。台風の被災地支援を優先させるため陸上自衛隊が参加を取りやめたほか、県も被災地に職員を派遣していることから当初計画より規模を縮小して実施する。メインとなる13日は、むつ市関根浜港での海路避難訓練などを予定している。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)