紙に示された形をブロックで作るパズルに挑戦する児童

 算数教育を語る会・上北支部(代表・木下鉄也岡三沢小教諭)は20日、青森県十和田市の南公民館で、「算数のいずみ あいうえおランド」を開いた。市内や三沢市などから参加した児童ら約80人が、パズルやゲームなどを通じて算数に親しんだ。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)