北朝鮮、中国を巡る情勢や日米同盟について語る手嶋氏
手嶋氏の話に聞き入る聴講者

 東奥情報懇談会1月例会が23日、青森市のホテル青森で開かれ、外交ジャーナリストの手嶋龍一氏(68)が「激動の2018年の行方を読む〜中国・北朝鮮と日米同盟」と題して講演した。東アジアを巡る情勢について「今は朝鮮半島に目が奪われがちだが、もう一つ、台湾海峡問題という重大な危機が埋め込まれている」と指摘した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)