設立会議であいさつする本間理事長

 青森県森林組合連合会など6団体は23日、森林所有者らが伐採跡地に再び植林する「再造林」の支援を目的に、基金を創設した。原木の出荷業者や木材流通業者から集めた協力金を基金として運用し、再造林経費の一部を助成する。森林所有者らの経費負担を軽くすることで再造林を促進し、森林資源の維持につなげる。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)