大相撲の西小結阿武咲(21)=本名打越奎也、青森県中泊町出身、阿武松部屋=が初場所10日目の23日、「右膝後十字靱帯(じんたい)損傷。23日より1月場所の休場を要する」との診断書を日本相撲協会に提出して休場した。9日目の平幕逸ノ城戦で小手投げにより5敗目を喫した際に負傷した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)