「ちゃんと」の絵を描こうと悩み手が止まる疑似体験講座の参加者
軍手を着けた手で一円玉を貯金箱に入れる疑似体験

 知的障がいへの理解を深めてもらおうと、子どもたちや保護者らを対象に、障がいの疑似体験講座を開くチームが青森県八戸市で始動した。関係者は、知的障がいのある人の感じ方を知ることをきっかけに、一人一人の個性を大事にする世の中をつくっていこう−と参加を呼び掛ける。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)