大相撲の伊勢ケ浜一門の会合が22日、東京都内で開かれ、暴行問題を起こした元横綱日馬富士関の師匠として責任を取り、昨年12月に日本相撲協会理事を辞任した伊勢ケ浜親方(57)=元横綱旭富士、本名杉野森正也、青森県つがる市出身=が初場所後に実施される理事候補選挙に立候補しない意向を伝えた。同親方は「こんな状況だから当たり前。自分で辞めたんだから」と述べた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)