藤崎町常盤生涯学習文化会館に設置された「二宮金次郎像」の除幕式に出席した平田町長(左)と大湯社長

 まきを背負って読書に励む姿でおなじみの「二宮金次郎像」が青森県藤崎町の常盤生涯学習文化会館に新設された。青森市出身で同町育ちの映画監督・五十嵐匠さんが映画「二宮金次郎」を制作したことをきっかけに、大湯石材店(弘前市)が町に像を寄贈。同社の大湯智行社長は「昔はどこの学校にもあった金次郎像も最近は見かけなくなった。この像が金次郎の報徳思想を広めるきっかけになればうれしい」と話している。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)