7区で逆転し、指を突き上げゴールする埼玉のアンカー・設楽悠太=広島・平和記念公園

 第23回全国都道府県対抗男子駅伝が21日、広島市平和記念公園前発着の7区間、48キロで行われ、埼玉が2時間19分10秒で3年ぶり2度目の優勝を果たした。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)