米軍F16戦闘機の模擬弾が落下してできたとみられる穴。左奥は内沼=7日、六ケ所村倉内
米軍三沢基地のF16戦闘機。矢印が指す水色の物体が、今回落下したものと同じタイプの模擬弾(読者撮影)

 防衛省は7日、米軍三沢基地所属のF16戦闘機が訓練中の6日午後6時35分ごろ、三沢対地射爆撃場(青森県三沢市、六ケ所村)から西約4.8キロの地点に、重さ226キロの模擬弾を誤って落とす事故を起こしたと明らかにした。7日午前、米側から防衛省に連絡があった。落下地点とみられる場所は小川原湖につながる内沼の北側で、六ケ所村内の民有地の草むら。近隣に民家はなく、けが人の情報もないが、南東約1キロには小学校と中学校がある。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。