ィッシュポンプと船倉をつなぐホースを連結する作業員と乗組員
船倉から吸い上げられ、A棟内部のホッパーと呼ばれる受け皿に放出されるサバ

 「船が見えてきた。ホースの準備に入るよ」。サバの盛漁期を迎えていた昨年11月下旬。八戸港第3魚市場荷さばき所A棟前の岸壁で、八戸市水産事務所の職員ら十数人が、漁船からサバを吸い上げる大型ホースの準備に慌ただしく動き回っていた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)