ヒラメの神経締めを実習する参加者たち

 魚の鮮度保持技術の一つ「神経締め」を学ぶ研修会が17日、青森県階上町海産物簡易加工処理センターで開かれた。同町など4市町の漁業者ら約20人が、付加価値を高め魚の取引価格向上につなげようと、技術の習得に励んだ。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)