街頭で候補者の訴えに聴き入る有権者=21日午前9時15分ごろ、平川市商工会館前

 「国の財政支援があるからといって大規模施設を建てていいのか」「今建てれば将来世代の大きな負担にはならない」−。21日告示された平川市長選。市役所新庁舎と、防災拠点を兼ねた新体育館の大型事業の規模圧縮を公約に掲げる山口金光候補(68)と、現計画の妥当性を強調する長尾忠行候補(68)の主張が、初日から真っ向対立した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)