相手の手札を想像しながら次の一手を考えるゴニンカントランプ世界選手権の参加者

 五所川原商工会議所(山崎淳一会頭)は21日、五所川原市民体育館で、津軽地方で親しまれるトランプゲーム「ゴニンカン」の世界選手権を開いた。外国人選手10人を含む87チーム、約430人が出場。勝負を仕掛けるタイミングを計りながら手札を切り、「世界一」の座を目指して頭脳戦を繰り広げた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)