男子ダブルスで優勝した水谷(左)、大島組=東京体育館
女子ダブルス決勝で敗れた梅村(左)、塩見組

 卓球の全日本選手権第6日は20日、東京体育館で行われ、ダブルスは男子決勝で水谷隼(青森山田出)、大島祐哉組(ともに木下グループ)が上田仁(青森山田−青大出)、吉田雅己(青森山田出)組(ともに協和発酵キリン)を3−1で下して初制覇を果たした。女子決勝は世界選手権銅メダルの伊藤美誠(スターツ)、早田ひな(日本生命)組が梅村優香(弘前市出身)、塩見真希組(ともに大阪・四天王寺高)を3−1で破って初優勝した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)