テストジャンパーとして平昌五輪に参加する木下選手(五所農林出)=19日、秋田県鹿角市の花輪スキー場ジャンプ台

 2月9日に韓国で開幕する平昌冬季五輪のノルディックスキー・ジャンプ競技で、旧金木町(現五所川原市)出身の東海大3年・木下雄登選手(21)=五所農林出=が、ジャンプ台の状態を確認するテストジャンパーを担う。木下選手は「世界のトップを間近で見られること自体うれしい。経験を競技力の向上にもつなげたい」と語った。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)