東京五輪のマラソンと競歩の札幌開催に関する会談を終え、北海道の鈴木直道知事(右)と握手する組織委の森喜朗会長=7日午後、札幌市中央区

 2020年東京五輪のマラソンと競歩の札幌開催を巡り、大会組織委員会の森喜朗会長が7日、札幌市を訪れ、鈴木直道北海道知事と会談した。その後、秋元克広札幌市長を訪問。開催準備で協力を要請する見通しだ。

 森会長は「マラソンは大会の花形。ご協力いただきたい。経費は北海道に迷惑を掛けないようにしたい」と述べた。鈴木知事は「いろいろあったが、素晴らしい大会だと思っていただけるよう全力で取り組む。費用は組織委が負担するのが基本だ」と話した。

 また、森会長は大会最終日の8月9日に行う予定の男子マラソンを念頭に「閉会式があり無理だ。日程は大きく変わることになる」と述べた。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む