イベントで、自分たちでデザインしたグッズや作品を前に市民と会話する学生=昨年12月

 八戸工業大学の学生有志が、青森県八戸市の是川石器時代遺跡(是川遺跡)から出土した縄文土器などの文様をモチーフにデザインしたグッズが、1月中にも同市埋蔵文化財センター是川縄文館で販売される。縄文のデザインの素晴らしさを広めたいと活動してきた学生たちは、一つのきっかけをつくれた−と手応えを感じている。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)