男子シングルスで準々決勝進出を決めた水谷隼=東京体育館
男子シングルス5回戦で敗退した丹羽孝希

 卓球の全日本選手権第5日は19日、東京体育館で行われ、男子シングルスで最年少優勝を狙う14歳の張本智和(エリートアカデミー)が5、6回戦を突破して準々決勝に進んだ。日本卓球協会によると、同種目で14歳での8強入りは2005年度に16歳で進出した水谷隼(青森山田出、木下グループ)を更新し史上最年少。10度目の頂点を目指す水谷も順当に勝ち上がった。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)